門戸の狭い開発業務

IT業界で活躍したいと考える人の多くは、開発業務に携わりたいと希望しています。
これは新しいものを生み出して世界に名を轟かせたいという野心を持っていることや、より高収入になる仕事に就きたいという要望があることによるものです。
そのため、システムエンジニアはその最たるものとして人気のある職種となっています。
一方で、インフラエンジニアの求人は保守や維持、管理等に関するものが多く、開発や設計に携わっていくことができるのはその中でも優秀な人材だけです。
そのため、開発業務を担って活躍していきたいと考える人には門戸が狭いというデメリットがあります。
しかし、社会的に見るとインフラエンジニアの担う仕事の重要性は高く、目立たないながらも社会を維持していく上で不可欠となっています。
社会基盤が情報技術によって支えられている状況があり、その基盤となっているシステムの維持を行っているのがインフラエンジニアだからです。
そのため、開発を担う人材の求人募集は少ないものの、他の職種に比べてインフラの維持を担う人材の募集は多く、人材不足の傾向すらあります。
開発や設計も行っている企業においては、維持や保守の仕事を担うエンジニアから開発業務を行う仕事への抜擢が行われることもあり、プロジェクトマネージャー等の上位職を目指すことで開発に携われるようになります。
初期から開発に携わることは難しいものの、将来的には不可能ではないのです。
キャリアパスを考える上で、求人が多いインフラエンジニアは魅力的と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com