人手不足と必要なスキル

インフラエンジニアの人手不足は深刻で、その誕生時から今日に至るまで常に人が足りていない状態が続いているといっても過言ではありません。
そして、その主な原因は仕事の内容にあります。
開発系のエンジニアの華やかさに比べて、インフラエンジニアの主業務といえばトラブル処理です。
地味な上にストレスの多い仕事で、若者の憧れの対象になる職業とはとても言えません。
しかし同時に、日本のIT産業を土台から支えてるという意味で、なくてはならない存在なのです。
そのため、各企業も常に求人募集を出し続けています。
大変な仕事であることは確かですが、その分給与は高めに設定されており、人手不足ゆえにキャリアアップの機会が多いという点では狙い目かもしれません。
縁の下の力持ちを体現したような職業で、みんなに頼られることでモチベーションが上がる人であれば適性があるといえるでしょう。
実際、トラブルを対処することで周囲からは頼りにされるのでやりがいは十分です。
インフラエンジニアとして一番大切なスキルは、あらゆるトラブルに対処できるだけの幅広い知識です。
同時に、新しい知識を常に吸収しようとする貪欲さがなくてはなりません。
あとは、どんなトラブルにも立ち向かっていく強い心が不可欠です。
また、この仕事はコミュニケーション能力も必要とされます。
トラブルの際に、顧客らの問い合わせあれば、それに対して適切に対応しなければならないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com