開発現場に必要な経験

インフラエンジニアとして仕事に就いた際に担う仕事としては、現場でのネットワークシステムの構築やサーバーの立ち上げといったものや、既存のシステムの管理や保守といったものが一般的です。
システムエンジニア等とは異なり、開発や設計を初期に担うということは少なく、求人においてもほとんどの業務が管理や保守の人材を求めるものになっています。
これはインフラの特性として、その維持や保守によって安定した状態を確保することの重要性が高いことに起因しているものであり、仕事としてそういった業務を担う人材の方が数が必要になっているのです。
一方で、開発や設計を行う需要もありますが、それを担うのは管理職に近いより上位職にあたる人材になる傾向が強いのがインフラエンジニアの特徴となっています。
現場で様々なシステムにおける運用やトラブル対応を行っていくことによって身につけてきた知識や経験をもとにして問題を提起し、効率化や低コスト化などを実現した上でより安定したシステムを考案することができるようになると考えられるからです。
画期的であることと同時に実用性や安定性が重要視される業界であるため、現場での経験が開発において重要視される結果、管理職に就く人材が開発や設計を担うことになるのです。
そのため、インフラエンジニアとして開発や設計を担いたい場合にはキャリアアップを考えて研鑽を積んでいくことで昇進や転職を目指すことが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com